【無料型紙製図】簡単きんちゃく裏地付き☆

きんちゃく袋は作るのが簡単で、便利なので、誰でも一度は作ったことがあると思います。

今日は、布はしの処理(ロックミシンorジグザグミシン)をしなくていい

裏地付きの巾着の作り方を紹介します。

 

 

 

巾着袋を縫うのは大好きで、リバティを使ったリネンの巾着を商品化しようかなと

激しい原価計算と売価計算をした結果↓

 

商品化無理!ということになりました。(原価がかかりすぎる上に、誰でも作れるのでお金をいただきにくいという結果)

 

 

リバティはあきらめて、

ハンカチを作るためにWガーゼを25cm角にカットしてあるのが沢山あるので

それを使って巾着を作ることにしました。

 

 

 

Wガーゼ25cm角を3種類選び、裏地はナイロンの張りのある物にしました。

軽くて形もしっかり保てるし、ガーゼのクッション性もあって

とても良い巾着になったと思います。

 

私は、本体のサイドを縫った後、5分の2程ずらせて底を縫い、ヒモ通しをつけました。

柄の出方がいい塩梅になります。

本体の色を1色にする普通の巾着は↓の方法でどうぞ。

 

 

 

ヒモを通して出来上がり!(抜けてた。。。

紐が細い場合は両しぼりで、中くらいの場合は片しぼりが良いと思います。

私はヒモがぴろぴろするのが嫌なので、少しでもシンプルな片しぼり派。

でも、しっかりしぼれるのは両しぼりです。

キャンディーや化粧品など重みの出るものは両しぼり推奨かな~

それ以外の軽いものや、小学生のコップ入れとか普段は吊るしておくような時は

機能性が高い片しぼりが絶対おすすめです☆

 

 

簡単なので作ってみてください^^*

 

 

 

 

リバティのハンカチを作ろうと思って、Wガーゼをカットしていたので

リバティでも作ってみました。

リバティを少し使ったこちらの巾着で良かったら、BASEで販売します。

リバティWガーゼ巾着袋 1000円 → BASE商品ページへ

 

在庫何枚かあったので、また作ります^^*

お気に入りでしたらよろしくお願いします!

1年前

友だち追加←LINE@はじめました。新作やイベントの情報を発信します。


 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です