キルトに挑戦しています!!黒潮町キルト展

 

この間から、インスタの方ではパッチワークキルトに挑戦している様子を発信しています。

LUUのインスタ → こちら

 

地元の高知県幡多郡黒潮町で毎年キルト展があるので

地元愛で出展してみようかなと思い、初のチャレンジをしています!

型にはまったパッチワークキルトでなくても良いとのこと。

布で楽しく作ってみようと思います!

 

第23回 潮風のキルト展サイト → こちら

 

 

 

大きいキルトは無理なので、小さい50cm角のキルトで^^;

締め切り10月10日までに間に合うのか?!

 

まったく適当に剥いでいく

こんな感じ

余分をカットしておきました

 

白系の布やレースを適当に組み合わせ、土台作り。

(手抜きして)ミシンで出来るクレイジーキルトです。

 

 

私は、ヴィクトリアンのクレイジーキルトがなんとなく好きで

服や部屋や持ち物に取り入れたいとは、まったく思わないのですが

なんだか好きで。

こういう感じのやつですね。(ネット上の好みの画像を引っ張ってきましたmm)

 

今回ここまではがんばらないけど、いつかはこういうの作ってみたいな。と思いつつ

 

 

 

初キルトということで、一番作ってみたかった自分のオリジナルネームをでっかくしてみよう

数年前に発注してずっと使っているネーム

実に17倍に引き伸ばしました!

型紙を当ててみる。。。でかいなぁ

 

 

 

まずはじめに、上のLUUのアップリケに挑戦。

ピンクのリバティを生かして、一枚布で作りたかったので

ハワイアンキルトの手法でやることに。

 

 

 

ハワイイアンキルトはこういう感じの↓ですけど(キャッシー中島さんが有名ですね)

ハワイアンキルトパターンとステッチの魅力 伝統と歴史がはぐくんだハワイの手仕事 [ 藤原小百合 ]

 

一枚布をどうやってアップリケしてるのか、U字やV字の部分が分からなかったので

YouTubeで勉強ですよ。いい時代になりました。

 

 

がんばって(大嫌いなマツリ縫い。しかも縦マツリ)できました!↓

美しいリバティの柄を邪魔することなく、アップリケができました^^*

 

 

 

で、下のフランス語3行分をチェーンステッチで書きました。

 

フランス語の意味は「手作り大好き」的なことを書いた気がします(グーグル翻訳で)

 

 

今日やっとここまでできました↓

 

気持ち悪い色のネイルをしていますが笑

ディップフラワーを作っていて、マニキュアがあまったので塗ってみただけです。

 

チェーンステッチに肉付けをしたり、

白い土台に白い糸で刺繍を追加したりしてました。

 

文字部分はこれで完成かな。

 

 

 

後は、右側の一輪の薔薇ですが。

少し立体的にしようかな~と思っていて、その手法をまだ決めかねています。

刺繍も嫌いだし、アップリケはもっと嫌いだし、手法も知らないのですが。

 

いいアイディアないかな~と考えているところです♪

こういった時間もまた楽しいものですね!

 

 

刺繍キライといった割には、何時間もTV見ながらチクチクチクチクやっていて

結構、無心でできる。

売り物のお財布のマツリ縫いは一時も手が抜けず、常に緊張して作っているので

心のままに刺繍するのって結構楽しいのかも。って思いました。。。

 

実は刺繍すきなのかな。。。

 

 

 

一目見たときから、このキルトに使おうと決めていたリバティプリントです↓

LIBERTYリバティプリント・タナローン生地<Margaret Annie>(マーガレットアニー)

3か月前

友だち追加←LINE@はじめました。新作やイベントの情報を発信します。


 


 

 

関連記事

初めてのキルト☆黒潮町のキルト展初めてのキルト☆黒潮町のキルト展
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です